宇治拾遺物語(巻十二 五)141持経者叡實効験の事

 昔、閑院大臣殿、三位中将におはしける時、わらは病み重くわづらひ給ひけるが、「神名といふ所に、叡實といふ持経者なん、童やみはよく祈りおとし給ふ」と申す人ありければ、「この持経者にいのらせん」とて行き給ふに、荒見川の程にて、はやうおこり給ひぬ。寺は近くなりければ、これより帰るべきやうなしとて、念じて神名におはして、坊の簷に車をよせて、案内を言ひ入れ給ふに、近ごろ、蒜を食ひ侍り」と申す。しかれども、「ただ上人を見奉らん。ただ今まかり帰ることかなひ侍らじ」とて、坊の蔀下し立てたるをとりて、新しき筵敷きて、「入り給へ」と申しければ、入り給ひぬ。
 持経者、沐浴して、とばかりありて、出で合ひぬ。長高き僧のやせさらぼひて、みるに貴げなり。僧申すやう、「風重く侍るに、医師の申すにしたがひて、蒜を食ひて候ふなり。それに、かように御座候へば、いかでかはとて参りて候ふなり。法華経は、浄不浄をきらはぬ経にてましませば、読み奉らん。何でふ事か候はん」とて、念珠を押し擦りて、そばへより来たる程、もつとも頼もし。御頸に手をいれて、わが膝を枕にせさせ申して、壽量品を打ち出だしてよむ声は、いと貴し。「さばかり貴きこともありけり」とおぼゆ。すこししはがれて、高声に誦するこゑまことにあはれなり。持経者、目より大きなる涙をはらはらとおとして、なくこと限りなし。その時さめて、御心地いとさはやかに、残りなくよくなり給ひぬ。返す返す後世まで契りて、かへり給ひぬ。それよりぞ有験の名はたかく広まりけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→