宇治拾遺物語(巻十二 六)142空也上人の臂観音院僧正祈り直す事

 昔、空也上人、申すべき事ありて、一条大臣殿に参りて、蔵人所に上りて居たり。余慶僧正また参会し給ふ。物語などし給ふほどに、僧正の宣ふ、「その臂は、いかにして折り給へるぞ」と。上人のいはく、「我が母、物妬みして、幼少の時、片手を取りて投げ侍りしほどに、折りて侍るとぞ聞き侍りし。幼稚の時の事なれば、覚え侍らず。かしこく左にて侍る。右手折り侍らましかば」と言ふ。僧正宣ふ、「そこは貴き上人にておはす。天皇の御子とこそ人は申せ。いとかたじけなし。御臂まことに祈り直し申さんはいかに」。上人いはく、「もつとも悦び侍るべし。まことに貴く侍りなん。この加持し給へ」とて、近く寄れば、殿中の人々、集まりてこれを見る。その時、僧正、頂より黒煙を出して、加持し給ふに、暫くありて、曲れる臂はたとなりて延びぬ。即ち右の臂のごとくに延びたり。上人涙を落して、三度礼拝す。見る人皆ののめき感じ、あるいは泣きけり。
 その日、上人、供に若き聖三人具したり。一人は縄を取り集むる聖なり。道に落ちたる古き縄を拾ひて、壁土に加へて、古堂の破れたる壁を塗る事をす。一人は瓜の皮を取り集めて、水に洗いて、獄衆に与へけり。一人は反古の落ち散りたるを拾ひ集めて紙にすきて経を書写したてまつる。その反古の聖を、臂なほりたる布施に、僧正に奉りければ、悦びて弟子になして、義観と名づけ給ふ。ありがたかりける事なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→