宇治拾遺物語(巻十二 九)145穀断聖、不実露顕の事

 昔、久しく行ふ上人ありけり。五穀を断ちて年ごろになりぬ。帝聞こしめして、神泉苑にあがめすへて、ことに貴み給ふ。木の葉をのみ食ひける。物笑ひする若公達集まりて、この聖の心みんとて、行き向ひて見るに、いとたうとげに見ゆれば、「穀断ち、幾年ばかりにり給ふ」と問はれければ、「若きより断ち侍れば、五十余年に罷りなりぬ」と言ふを聞きて、一人の殿上のいはく、「穀断ちの糞はいか様にかあらん。例の人にはかはりたるらん。いで行きて見ん」と言へば、二三人つれて行きて見れば、穀糞を多くひり置きたり。「あやし」と思ひて、上人の出でたる隙に、「居たる下を見ん」と言ひて、畳の下を引き開けて見れば、土を少し掘りて、布袋に米を入れて置きたり。
 公達見て手をたたきて、「穀糞の聖、穀糞の聖」と呼ばはりて、ののしり笑ひければ、逃げ去りにけり。
 其後は行方も知らず、ながく失せにけりとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→