宇治拾遺物語(巻十二 十)146季直少将、歌の事

 今は昔、季直少将といふ人ありけり。病つきて後、すこしをこたりて、内に参りたりけり。公忠弁の、掃部助にて蔵人なりけるこの事なり。「乱り心地、まだよくもをこたり侍らねども、心元なくて参り侍りつる。後は知らねども、かくまで侍れば、あさてばかりに、また参り侍らん。よきに申させ給へ」とてまかり出でぬ。三日ばかりありて、少将のもとより、
  くやしくぞ後にあはんと契りける今日を限りといはましものを  
さて、その日失せにけり。あはれなる事のさまなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→