宇治拾遺物語(巻十二 十一)147樵夫の小童、隠し題の歌詠む事

 今は昔、隠し題をいみじく興ぜさせ給ひける帝の、篳篥を詠ませられけるに、人々わろく詠みたりけるに、木こる童の、暁、山へ行くとていひける、「このごろ、篳篥を詠ませさせ給ふなるを、人のえ詠み給はざなる、童こそ詠みたれ」と言ひければ、具して行く童部、「あな、おほけなき事な言ひそ。さまにも似ず、いまいまし」と言ひければ、「などか、必ずさまに似る事か」とて
  めぐりくる春々ごとに桜花いくたびちりき人に問はばや  
と言ひたりける。様にもにず、思ひかけずぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→