宇治拾遺物語(巻十二 十三)149貫之歌の事

 今は昔、貫之が土佐守になりて、下りてありけるほどに、任果つる年、七八ばかりの子の、えもいはずをかしげなるを、限りなくかなしうしけるが、とかくわづらひて失せにければ、泣きまどひて、病づくばかり思ひこがるるほどに、月ごろになりぬれば、かくてのみあるべき事かは、上りなんと思ふに、「児のここにて、何とありしはや」など、思ひ出でられて、いみじうかなしかりければ、柱に書きつけける
  都へと思ふにつけて悲しきは帰らぬ人のあればなりけり  
とかきつけたりける歌なん、いままでありける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→