宇治拾遺物語(巻十二 十五)151河原の院に融公の霊住む事

 今は昔、河原の院は融の左大臣の家なり。陸奥の塩竃の形を作りて、潮を汲み寄せて、塩を焼かせなど、さまざまのをかしき事を尽くして、住み給ひける。大臣うせて後、宇多院には奉りたるなり。延喜の帝、度々行幸ありけり。まだ院、住ませ給ひける折りに、夜中ばかりに、西の対の塗籠をあけて、そよめきて、人の参るやうに思されければ、見させ給へば、ひの装束うるはしくしたる人の、太刀はき、笏取りて、二間ばかりのきて、かしこまりて居たり。「あれは誰そ」と問はせ給へば、「ここの主に候ふ翁なり」と申す。「融のおとどか」と問はせ給へば、「しかに候ふ」と申す。「さはなんぞ」と仰せらるれば、「家なれば住み候ふに、おはしますがかたじけなく所狭く候ふなり。いかが仕ふべからん」と申せば、「それはいといと異様の事なり。故大臣の子孫の、我にとらせたれば、住むにこそあれ。わが押し取りて居たらばこそあらめ、礼も知らず、いかにかくは怨むるぞ」と、高やかに仰せられければ、掻い消つやうに失せぬ。その折の人々、「なほ帝は、はた殊におはします者なり。ただの人はそのおとどに逢ひて、さやうにすくよかには言ひてんや」とぞ言ひける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→