宇治拾遺物語(巻十二 十七)153鄭太尉の事

 今は昔、親に孝する者ありけり。朝夕に木をこりて親を養ふ。孝養の心空に知られぬ。梶もなき舟に乗りて、向ひの島に行くに、朝には南の風吹きて、北の島に吹きつけつ。夕にはまた、舟に木をこりて入れて居たれば、北の風吹きて家に吹きつけつ。かくのごとくするほどに、年ごろになりて、おほやけに聞し召して、大臣になして召し使はる。その名を鄭太尉とぞ言ひける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→