宇治拾遺物語(巻十二 二一)157或る上達部、中将の時召人に逢ふ事

 今は昔、上達部のまだ中将と申しける、内へ参り給ふ道に、法師をとらへて率て行きけるを、「こはなに法師ぞ」と問はせければ、「年ごろ使はれて候ふ主を殺して候ふ者なり」といひければ、「まことに罪重きわざしたるものにこそ。心うきわざしける者かな」と、なにとなくうち言ひて過ぎ給ひけるに、この法師、あかきまなこなる目の、ゆゆしくあやしげなるして、にらみあげたりければ、よしなき事をも言ひてけるかなと、けうとくおぼしめして過ぎ給ひけるに、また男をからめて行きけるに、「こはなに事したる者ぞ」と、懲りずまに問ひければ、「人の家に追ひ入れられて候ひつる。男は逃げてまかりぬれば、これをとらへてまかるなり」と言ひければ、別のこともなきものにこそ、そのとらへたる人を見知りたれば、乞ひゆるしてやり給ふ。
 おほかた、この心ざまして、人の悲しき目を見るにしたがひて、たすけ給ひける人にて、はじめの法師も、ことよろしくば、乞ひゆるさんとて問ひ給ひけるに、罪のことの外に重ければ、さ宣ひけるを、法師は、やすからず思ひける。さて、程なく大赦のありければ、法師もゆりにけり。
 さて月あかかりける夜、みな人はまかで、あるは寝入りなどしけるを、この中将、月にめでて、たたずみ給ひけるほどに、物の築地をこえておりけると見給ふほどに、後ろよりかきすくひて、とぶやうにして出でぬ。あきれまどひて、いかにもおぼしわかぬほどに、恐ろしげなる物来集ひて、はるかなる山のけはしく恐ろしき所へ率て行きて、柴のあみたるやうなる物を、高くつくりたるにさし置きて、「さかしらする人をば、かくぞする。やすきことは、ひとへに罪重く言ひなして、悲しきめを見せしかば、その答に、あぶりころさんずるぞ」とて、火を山のごとくたきければ、夢などを見る心地して、若くきびはなるほどにてはあり、物おぼえ給はず。あつさは唯あつになりて、ただ片時に、死ぬべくおぼえ給ひけるに、山のうへより、ゆゆしきかぶら矢を射おこせければ、ある者ども、「こはいかに」と騒ぎけるほどに、雨のふるやうに射ければ、これら、しばしこなたよりも射けれど、あなたには人の数おほく、え射あふべくもなかりけるにや、火の行く方もしらず、射散らされて逃げて去りにけり。
 その折、男ひとりいできて、「いかに恐ろしくおぼしめしつらん。おのれは、その月のその日、からめられてまかりしを、御徳にゆるされて、世にうれしく、御恩むくい参らせばやと思ひ候ひつるに、法師のことは、あしく仰せられたりとて、日ごろうかがひ参らせつるを見て候ふほどに、つげ参らせばやと思ひながら、わが身かくて候へばと思ひつるほどに、あからさまに、きとたち離れ参らせて候ひつるほどに、かく候ひつれば、築地を越えて出で候ひつるに、あひ参らせて候ひつれども、そこにてとり参らせ候はば、殿も御傷などもや候はんずらんと思ひて、ここにてかく射はらひてとり参らせ候ひつるなり」とて、それより馬にかきのせ申して、たしかに、もとのところへ送り申してんげり。ほのぼのと明るほどにぞ帰り給ひける。
 年おとなになり給ひて、「かかることにこそあひたりしか」と、人にかたり給ひけるなり。四條の大納言のことと申すは、まことやらん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→