宇治拾遺物語(巻十二 二二)158陽成院妖物の事

 今は昔、陽成院おりゐさせ給ひての御所は、宮よりは北、西洞院よりは西、油の小路よりは東にてなむありける。そこは物すむ所にてなんありける。大きなる池のありける釣殿に、番のものねたりければ、夜中ばかりに、細々とある手にて、この男が顔をそとそとなでけり。「けむつかし」と思ひて、太刀をぬきて、片手にてつかみたりければ、浅黄の上下着たる翁の、ことの外に物わびしげなるがいふやう、「我はこれ、昔住みしぬしなり。浦島の子が弟なり。いにしへよりこの所に住みて、千二百余年になるなり。ねがはくはゆるし給へ。ここにやしろを作りていはひ給へ。さらばいかにもまぼり奉らん」と言ひけるを、「わが心ひとつにてはかなはじ。このよしを院へ申してこそは」と言ひければ、「にくき男の言ひ事かな」とて、三度、上様へ蹴上げ蹴上げして、なへなへくたくたとなして、落つるところを、口をあきて食ひたりけり。なべての人ほどなる男とみるほどに、おびたたしく大きになりて、この男をただ一口に食ひてけり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→