宇治拾遺物語(巻十二 二四)160一條桟敷屋鬼の事

 今は昔、一條桟敷屋に、ある男とまりて、傾城とふしたりけるに、夜中ばかりに、風ふき、雨ふりて、すさまじかりけるに、大路に、「諸行無常」と詠じて過ぐる者あり。なに者ならんと思ひて、蔀をすこし押し明けてみければ、長は軒と等しくて、馬の頭なる鬼なりけり。恐ろしさに、蔀を掛けて、奥の方へ入りたれば、この鬼、格子押しあけて、顔をさし入れて、「よく御覧じつるな、御覧じつるな」と申しければ、太刀を抜きて、入らば斬らんと構へて、女をば、そばに置きて待ちけるに、「よくよく御覧ぜよ」と言ひて去にけり。
 百鬼夜行にてあるやらんと、恐ろしかりけり。それより、一条の桟敷屋には、またも泊まらざりけるとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→