宇治拾遺物語(巻十三 三)163俊宣、迷はし神にあふ事

 今は昔、三条院の八幡の行幸に、左京属にて、邦の俊宣といふ者の供奉したりけるに、長岡に寺戸といふ所の程行きけるに、人どもの、「この辺には、迷神あんなる辺ぞかし」といひつつ渡るほどに、「俊宣も、さ聞くは」と言ひて行くほどに、過ぎもやらで、日もやうやうさがれば、今は山崎のわたりには行き着ぬべきに、怪しう同じ長岡の辺を過ぎて、乙訓川の面を過ぐと思へば、また寺戸の岸を上る。寺戸過ぎて、また行きもて行きて、乙訓川の面に来て渡るぞと思へば、また少し桂川を渡る。
 やうやう日も暮方になりぬ。後先見れば、人一人も見えずなりぬ。後先に遥かにうち続きたる人も見えず。夜の更けぬれば、寺戸の西の方なる板屋の軒におりて、夜を明かして、つとめて思へば、「我は左京の官人なり。九条にてとまるべきに、かうまで来つらん、きはまりてよしなし。それに同じ所を、夜一夜めぐり歩きけるは、九条の程より迷はかし神の憑きて、率て来るを知らで、かうしてけるなめり」と思ひて、明けてなん、西京の家には帰り来たりける。俊宣がまさしう語りし事なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→