宇治拾遺物語(巻十三 十一)171渡天の僧穴に入る事

 今は昔、唐にありける僧の、天竺に渡りて、他事にあらず、ただ物のゆかしければ、物見にしありきければ、所々見行きけり。ある片山に、大なる穴あり。牛のありけるがこの穴に入りけるを見て、ゆかしく覚えければ、牛の行くにつきて、僧も入りけり。遥かに行きて、明かき所へ出でぬ。見まはせば、あらぬ世界と覚えて、見も知らぬ花の色のいみじきが、咲き乱れたり。牛この花を食ひけり。試みにこの花を一房取りて食ひたりければ、うまき事、天の甘露もかくあらんとおぼえて、めでたかりけるままに、多く食ひたりければ、ただ肥えに肥え太りけり。
 心得ず恐ろしく思ひて、ありつる穴の方へ帰り行くに、初めはやすく通りつる穴、身の太くなりて、狭く覚えて、やうやうとして、穴の口までは出でたれども、え出でずして、堪へ難き事限りなし。前を通る人に「これ助けよ」と呼ばはりけれども、耳に聞き入るる人もなし。助くる人もなかりけり。人の目にも何と見えけるやらん、不思議なり。日ごろ重なりて死にぬ。後は石になりて、穴の口に頭をさし出したるやうにてなんありける。
 玄奘三蔵天竺に渡り給ひたりける日記に、この由記されたり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→