宇治拾遺物語(巻十三 十二)172寂昭上人鉢を飛す事

 今は昔、三河入道寂昭といふ人、唐に渡りて後、唐の王、やんごとなき聖どもを召し集めて、堂を飾りて、僧膳を設けて、経を講じ給ひけるに、王宣はく、「今日の斎莚は、手長の役あるべからず。おのおの我が鉢を飛ばせやりて、物は受くべし」と宣ふ。その心は、日本僧を試みんがためなり。
 さて諸僧、一座より次第に鉢を飛ばせて、物を受く。三河入道末座に着きたり。その番に当たりて、鉢を持ちて立たんとす。「いかで。鉢をやりてこそ受けめ」とて、人々制しとどめけり。寂昭申しけるは、「鉢を飛ばする事は、別の法を行ひてするわざなり。然るに寂昭、いまだこの法を伝へ行はず。日本国に於いても、この法行ふ人ありけれど、末世には行ふ人なし。いかでか飛ばさん」と言ひて居たるに、「日本の聖、鉢遅し、鉢遅し」と責めければ、日本の方に向ひて祈念していはく、「我が国の三宝、神祇助け給へ。恥見せ給ふな」と念じ入りて居たるほどに、鉢、独楽のやうにくるめきて、唐の僧の鉢よりも速く飛びて、物を受けて帰りぬ。その時、王より始めて、「やんごとなき人なり」とて、拝みけるとぞ申し伝へる。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→