宇治拾遺物語(巻十四 三)177経頼、蛇に逢ふ事

 昔、経頼といひける相撲の家のかたはらに、ふる河のありけるが、ふかき淵なる所ありけるに、夏、その川ちかく、木陰のありければ、かたびらばかり着て、中ゆひて、あしだはきて、またふり杖といふものつきて、小童ひとり供に具して、とかく歩きけるが、涼まんとて、その渕のかたはらの木陰に居りけり。渕青くおそろしげにて、底もみえず。葦、菰などいふ物、生ひしげりたりけるを見て、汀近く立てりけるに、あなたの岸は、六七反ばかりはのきたるらんと見ゆるに、水のみなぎりて、こなたざまに来ければ、「何のするにかあらん」と思ふほどに、この方の汀近くなりて、蛇の頭をさし出でたりければ、「この蛇は大きならんかし。とざまにのぼらんとするにや」と見立てりけるほどに、蛇、頭をもたげて、つくづくとまもりけり。
 いかに思ふにかあらんと思ひて、汀一尺ばかりのきて、はた近く立ちてみれば、しばしばかり、まもりまもりて、頭を引き入れてけり。さてあなたの岸ざまに、水みなぎると見けるほどに、又こなたざまに水波たちてのち、蛇の尾を汀よりさしあげて、わが立てる方ざまにさしよせければ、「この蛇、思ふやうのあるにこそ」とて、まかせて見立てりければ、なほさしよせて、経頼が足を三四返ばかりまとひけり。いかにせんずるにかあらんと思ひて立てるほどに、まとひ得て、きしきしとひきければ、川に引きいれんとするにこそありけれと、その折に知りて、ふみつよりて立てりければ、いみじうつよく引くと思ふほどに、はきたるあしだのはをふみ折りつ。引き倒されぬべきを、かまへてふみ直りて立てれば、つよくひくともおろかなり。ひきとられぬべくおぼゆるを、足をつよくふみ立てければ、かたつらに五六寸ばかり足をふみいれて立てりけり。「よくひくなり」と思ふほどに、縄などの切るるやうに切るるままに、水中に血のさつとわき出づる様にみえければ、きれぬるなりとて、足をひきければ、蛇引きさしてのぼりけり。
 そのとき、足にまとひたる尾をひきほどきて、足を水にあらひけれども、蛇の跡うせざりければ、「酒にてぞあらふ」と、人の言ひければ、酒とりにやりてあらひなどして後に、従者共よびて、尾のかたを引あげさせたりければ、大きなりなどもおろかなり。切り口の大きさ、わたり一尺ばかりあるらんとぞ見えける。頭の方のきれを見せにやりたりければ、あなたの岸に木の根のありけるに、かしらのかたを、あまたかへりまとひて、尾をさしおこして、あしをまとひて引くなりけり。力の劣りて、中より切れにけるなめり。我が身の切るるをもしらず引きけん、あさましきことなりかし。
 その後、蛇の力のほど、幾人ばかりの力にかありしとこころみんとて、大きなる縄を、蛇の巻きたる所につけて、人十人ばかりして引かせけれども、「なほたらずたらず」と言ひて、六十人ばかりかかりて引きける時にぞ、「かばかりぞおぼえし」と言ひける。それを思ふに、経頼が力は、さは百人ばかりが力をもたるにやとおぼゆるなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→