宇治拾遺物語(巻十四 四)178魚養の事

 今は昔、遣唐使の唐にある間に、妻を設けて、子を生ませつ。その子いまだいとけなきほどに、日本に帰る。妻に契りて曰く、「異遣唐使行かんにつけて、消息やるべし。またこの子、乳母離れん程には迎へ取るべし」と契りて帰朝しぬ。母、遣唐使の来るごとに、「消息やある」と尋ぬれど、敢へて音もなし。母大きに恨みて、この児を抱きて、日本へ向きて、児の首に、遣唐使それがしが子といふ札を書きて、結ひつけて、「宿世あらば、親子の中は行きあひなん」と言ひて、海に投げ入れて帰りぬ。
 父、ある時、難波の浦の辺を行くに、沖の方に鳥の浮びたるやうにて、白き物見ゆ。近くなるままに見れば、童に見なしつ。怪しければ、馬を控へて見れば、いと近く寄りくるに、四つばかりなる児の、白くをかしげなる、波につきて寄り来たり。馬をうち寄せて見れば、大きなる魚の背中に乗れり。従者をもちて、抱き取らせて見ければ、首に札あり。遣唐使それがしが子と書けり。さは、我が子にこそありけれ、唐にて言ひ契りし児を、問はずとて、母が腹立ちて、海に投げ入れてけるが、然るべき縁ありて、かく魚に乗りて来たるなめりと、あはれにおぼえて、いみじうかなしくて養ふ。遣唐使の行きけるにつけて、この由を書きやりたりければ、母も、今ははかなきものに思ひけるに、かくと聞きてなん、希有の事なりと悦びける。
 さてこの子、大人になるままに、手をめでたく書きけり。魚に助けられたりければ、名をば魚養とぞつけたりける。七大寺の額どもは、これが書きたるなりけりと。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→