宇治拾遺物語(巻十四 五)179新羅国の后金の榻の事

 これも今は昔、新羅国に后おはしけり。その后、忍びて密男を設けてけり。帝この由を聞き給ひて、后を捕へて、髪に繩をつけて、上へつりつけて、足を二三尺引き上げて置きたりければ、すべきやうもなくて、心のうちに思ひ給ひけるやう、かかる悲しき目を見れども、助くる人もなし。伝へて聞けば、この国より東に日本といふ国あなり。その国に長谷観音と申す仏現じ給ふなり。菩薩の御慈悲、この国まで聞こえてはかりなし。たのみをかけ奉らば、などかは助け給はざらんとて、目をふさぎて、念じ入り給ふほどに、金の榻足の下に出で来ぬ。それを踏まへて立てるに、すべて苦しみなし。人の見るには、この榻見えず。日頃ありて、ゆるされ給ひぬ。
 後に、后、持ち給へる宝どもを多く、使をさして長谷寺に奉り給ふ。その中に大なる鈴、鏡、金の簾今にありとぞ。かの観音念じ奉れば、他国の人も験を蒙らずといふ事なしとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→