宇治拾遺物語(巻十四 七)181北面の女雜仕六の事

 これも今は昔、白川院の御時、北面のざうしにうるせき女ありけり。名をば六とぞ言ひける。殿上人ども、もてなし興じけるに、雨うちそぼふりて、つれづれなりける日、ある人、「六よびて、つれづれなぐさめん」とて、使をやりて、「六よびて来」と言ひければ、ほどなく、「六召して参りて候ふ」と言ひければ、「あなたより内の出居のかたへ具して来」と言ひければ、さぶらひ、いできて、「こなたへ参り給へ」と言へば、「びんなく候ふ」などいへば、侍、帰りきて、「召し候へば『びんなくさぶらふ』と申して、恐れ申し候ふなり」と言へば、つきみて言ふにこそと思ひて、「などかくはいふぞ。ただ来」といへども、「ひが事にてこそ候ふらめ。さきざきも内の御出居などへ参る事も候はぬに」と言ひければ、このおほくゐたる人々「ただ参り給へ。やうぞあるらん」とせめければ、「ずちなき恐れに候へども、めしにて候へば」とて参る。
 このあるじ見やりたれば、刑部録といふ廳官、びん、ひげに白髪まじりたるが、とくさの狩衣に青袴きたるが、いとことうるはしく、さやさやとなりて、扇をしやくにとりて、すこしうつぶして、うづくまりゐたり。大かたいふべしともおぼえず、物もいはれねば、この廳官、いよいよおそれかしこまりてうつぶしたり。あるじ、さてあるべきならねば、「やや、廳には又何ものか候ふ」と言へば、「それがし、かれがし」と言ふ。いとげにげにしくもおぼえずして、廳官、うしろざまへすべりゆく。このあるじ、「かう宮仕へするこそ、神妙なれ。見参には必ずいれんずるぞ。とう罷りね」とこそやりけれ。
 この六、のちに聞きて笑ひけるとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→