宇治拾遺物語(巻十四 八)182仲胤僧都連歌の事

 これも今は昔、青蓮院の座主のもとへ、七宮渡らせ給ひたりければ、御つれづれ慰め参らせんとて、若き僧網、有職など、庚申して遊びけるに、上童のいと憎さげなるが、瓶子取などしありきけるを、ある僧忍びやかに、
  うへわらは大童子にも劣りたり  
と連歌にしたりけるを、人々暫し案ずるほどに、仲胤僧都、その座にありけるが、「やや、胤、早う付けたり」と言ひければ、若き僧たち、いかにと、顔をまもり合ひ侍りけるに、仲胤は、
  祇園の御会を待つばかりなり  
とつけたりけり。
 これをおのおの、「この連歌はいかにつけたるぞ」と、忍びやかに言ひ合ひけるを、仲胤聞きて、「やや、わたう、連歌だにつかぬとつけたるぞかし」といひたりければ、これを聞き伝えたる者ども、一度にはつと、とよみ笑ひけりとか。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→