宇治拾遺物語(巻十四 九)183大将慎みの事

 これも今は昔、「月の、大将星をおかす」といふ勘文を奉れり。よりて、「近衛大将重く慎み給ふべし」とて、小野宮右大将はさまざまの御祈どもありて、春日社、山階寺などにも御祈あまたせらる。
 その時の左大将は、枇杷左大将仲平と申す人にてぞおはしける。東大寺の法蔵僧都は、この左大将の御祈の師なり。定めて御祈の事ありなんと待つに、音もし給はねば、おぼつかなきに京に上りて、枇杷殿に参りぬ。殿あひ給ひて、「何事にて上られたるぞ」と宣へば、僧都申しけるやう、「奈良にて承れば、左右大将慎み給ふべしと、天文博士勘へ申したりとて、右大将殿は、春日社、山階寺などに御祈さまざまに候へば、殿よりも、定めて候ひなんと思ひ給へて、案内つかうまつるに、『さる事も承らず』と、皆申し候へば、おぼつかなく思ひ給へて、参り候ひつるなり。なほ御祈候はんこそよく候はめ」と申しければ、左大将宣ふやう、「もつとも然るべき事なり。されどおのが思ふやうは、大将の慎むべしと申すなるに、おのれも慎まば、右大将のために悪しうもこそあれ。かの大将は、才もかしこくいますかり。年も若し。長くおほやけにつかうまつるべき人なり。おのれにおきては、させる事もなし。年も老いたり。いかにもなれ、何でふ事かあらんと思へば、祈らぬなり」と宣ひければ、僧都ほろほろとうち泣きて、「百万の御祈にまさるらん。この御心の定にては、ことの恐り更に候はじ」と言ひてまかでぬ。されば実に事なくて、大臣になりて、七十余までなんおはしける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→