宇治拾遺物語(巻十四 十)184御堂関白の御犬、晴明等奇特の事

 これも今は昔、御堂關白殿、法成寺を建立し給ひて後は、日ごとに御堂へ参らせ給ひけるに、白き犬を愛してなん飼はせ給ひければ、いつも御身をはなれず御供しけり。ある日例のごとく御供しけるが、門を入らんとし給へば、この犬、御さきにふたがるやうにまはりて、うちへ入れ奉らじとしければ、「なでふ」とて、車よりおりて、入らんとし給へば、御衣のすそをくひて、ひきとどめ申さんとしければ、「いかさま、様ある事ならん」とて、榻を召しよせて、御尻をかけて、晴明に、「きと参れ」と、召しにつかはしたりければ、晴明すなはち参りたり。
 「かかることのあるはいかが」と尋ね給ひければ、晴明、しばしうらなひて、申しけるは、「これは君を呪咀し奉りて候ふ物を、みちにうづみて候ふ。御越あらましかば、あしく候ふべき。犬は通力のものにて、つげ申し候ふなり」と申せば、「さて、それはいづくにかうづみたる。あらはせ」と宣へば、「やすく候ふ」と申して、しばしうらなひて、「ここにて候ふ」と申す所を、掘らせて見給ふに、土五尺ばかり掘りたりければ、案のごとく物ありけり。土器を二つうちあはせて、黄なる紙捻にて十文字にからげたり。開きて見れば、中には物もなし。朱砂にて、一文字を土器のそこに書きたるばかりなり。「晴明が外には、しりたる者候はず。もし道摩法師や仕りたるらん。糺して見候はん」とて、ふところより紙をとり出し、鳥の姿に引きむすびて、呪を誦しかけて、空へ投げ上げたれば、たちまちに、白鷺になりて、南をさして飛びけり。「この鳥おちつかん所をみて参れ」とて、下部を走らするに、六篠坊門萬里小路辺に、古りたる家の諸折戸の中へ落ち入りにけり。すなはち、家主、老法師にてありける、からめ取りて参りたり。呪咀の故を問はるるに、「堀川左大臣顕光公のかたらひをえてつかうまつりたり」とぞ申しける。「このうへは、流罪すべけれども、道魔がとがにはあらず」とて、「向後、かかるわざすべからず」とて、本国播磨へ、追ひくだされにけり。
 この顕光公は、死後に怨霊となりて、御堂殿辺へはたたりをなされけり。悪霊左府となづく云々。犬はいよいよ不便にせさせ給ひけるとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→