宇治拾遺物語(巻十五 二)187頼時が胡人見たる事

 これも今は昔、胡国といふは、唐よりも遙かに北と聞くを、「陸奥の地に続きたるにやあらん」とて、宗任法師とて筑紫にありしが、語り侍りけるなり。
 この宗任が父は頼時とて、陸奥の夷にて、おほやけに随ひ奉らずとて、攻めんとせられけるほどに、「いにしへより今にいたるまで、おほやけに勝ち奉る者なし。我は過たずと思へども、責めをのみ蒙れば、晴るくべき方なきを、奥の地より北に見渡さるる地あんなり。そこに渡りて、有様を見て、さてもありぬべき所ならば、我に随ふ人の限りを、みな率て渡して住まん」と言ひて、まづ舟一つを整へて、それに乗りて行きたりける人々、頼時、廚川の二郎、鳥海の三郎、さてはまた睦ましき郎等ども二十人ばかり、食物、酒など多く入れて、舟を出してければ、いくばくも走らぬほどに、見渡しなりければ、渡りつきにけり。
 左右は遙なる葦原ぞありける。大きなる川の湊を見つけて、その湊にさし入れにけり。「人や見ゆる」と見けれども、人気もなし。「陸に上りぬべき所やある」と見けれども、葦原にて、道踏みたる方もなかりければ、「もし人気する所やある」と、川を上りざまに、七日まで上りにけり。それがただ同じやうなりければ、「あさましきわざかな」とて、なほ廿日ばかり上りけれども、人のけはひもせざりけり。
 三十日ばかり上りけるに、地の響くやうにしければ、いかなる事のあるにかと恐ろしくて、葦原にさし隠れて、響くやうにする方を覗きて見ければ、胡人とて、絵に書きたる姿したる者の、赤き物にて頭結ひたるが、馬に乗り連れてうち出でたり。「これはいかなる者ぞ」と見る程に、うち続き数知らず出で来にけり。
 川原のはたに集まり立ちて、聞きも知らぬ事をさへづり合ひて、川にはらはらとうち入りて渡りけるほどに、千騎ばかりやあらんとぞ見えわたる。これが足音の響きにて、遙かに聞こえけるなりけり。徒の者をば、馬に乗りたる者のそばに、引きつけ引きつけして渡りけるをば、ただ徒渡する所なめりと見けり。三十日ばかり上りつるに、一所も瀬なかりし川なれば、「かれこそ渡る瀬なりけれ」と見て、人過ぎて後にさし寄せて見れば、同じやうに、底ひも知らぬ淵にてなんありける。馬筏を作りて泳がせけるに、徒人はそれに取りつきて渡りけるなるべし。
 なほ上るとも、はかりもなく覚えければ、恐ろしくて、それより帰りにけり。さていくばくもなくてぞ、頼時は失せにける。されば胡国と日本の東の奥の地とは、さしあひてぞあんなると申しける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→