宇治拾遺物語(巻十五 五)190土佐判官代通清、人違ひして関白殿に参り合ふ事

 これも今は昔、土佐判官代通清といふものありけり。歌をよみ、源氏、狭衣などをうかべ、花の下、月の前とすきありきけり。かかるすき物なれば、後徳大寺左大臣、「大内の花見んずるに、かならず」といざなはれければ、通清、目出き事にあひたりと思ひて、やがて破車に乗りて行くほどに、あとより車二三ばかりして人の来れば、疑ひなきこの左大臣のおはすると思ひて、尻の簾をかきあげて、「あなうたて、あなうたて。とくとくおはせ」と扉を開きて招きけり。はやう、関白殿の物へおはしますなりけり。招くを見て、御供の随身、馬を走らせて、かけ寄せて、車の尻の簾をやりおとしてけり。其時、通清、あわて騒ぎて、前よりまろび落ちけるほどに、烏帽子落にけり。いといと不便なりけりとか。
 好きぬる者は、すこしをこにもありけるにや。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→