宇治拾遺物語(巻十五 六)191極楽寺僧仁王経の験を施す事

 これも今は昔、堀川太政大臣と申す人、世心地大事にわづらひ給ふ。御祈りどもさまざまにせらる。世にある僧どもの参らぬはなし。参り集ひて御祈どもをす。殿中騒ぐ事限りなし。ここに極楽寺は、殿の造り給へる寺なり。その寺に住みける僧ども、「御祈りせよ」といふ仰せもなかりければ、人も召さず。この時にある僧の思ひけるは、「御寺にやすく住む事は、殿の御徳にてこそあれ。殿失せ給ひなば、世にあるべきやうなし。召さずとも参らん」とて、仁王経を持ち奉りて、物騒がしかりければ、中門の北の廊の隅にかがまり居て、つゆ目も見かくる人もなきに、仁王経他念なく読み奉る。二時ばかりありて、殿仰せらるるやう、「極楽寺の僧、なにがしの大徳やこれにある」と尋ね給ふに、ある人、「中門の脇の廊に候ふ」と申しければ、「それ、こなたへ呼べ」と仰せらるるに、人々怪しと思ひ、そこばくのやんごとなき僧をば召さずして、かく参りたるをだに、よしなしと見居たるをしも、召しあれば、心も得ず思へども、行きて、召す由をいへば、参る。高僧どものつき並びたるうしろの縁にかがまり居たり。「さて参りたるか」と問はせ給へば、南の簀子に候ふよし申せば、「内へ呼び入れよ」とて、臥し給へる所へ召し入れらる。無下に物も仰せられず、重くおはしつるに、この僧召す程の御気色、こよなくよろしく見えければ、人々怪しく思ひけるに、宣ふやう、「寝たりつる夢に、恐ろしげなる鬼どもの、我が身をとりどりに打ちれうじつるに、びんづら結ひたる童子の、すはえ持ちたるが、中門の方より入り来て、すはえしてこの鬼どもを打ち払へば、鬼どもみな逃げ散りぬ。『何ぞの童のかくはするぞ』と問ひしかば、『極楽寺のそれがしが、かくわづらはせ給ふ事、いみじう歎き申して、年来読み奉る仁王経を、今朝より中門の脇に候ひて、他念なく読み奉りて祈り申し侍る。その聖の護法の、かく病ませ奉る悪鬼どもを、追ひ払ひ侍るなり』と申すと見て、夢覚めてより、心地のかいのごふやうによければ、その悦びいはんとて、呼びつるなり」とて、手を摺りて拝ませ給ひて、棹にかかりたる御衣を召して、被け給ふ。「寺に帰りてなほなほ御祈よく申せ」と仰せらるれば、悦びてまかり出づるほどに、僧俗の見思へる気色やんごとなし。中門の脇に、ひめもすにかがみ居たりつる、おぼえなかりしに、殊の外美々しくてぞまかり出でにける。されば人の祈りは、僧の浄不浄にはよらぬ事なり。ただ心に入りたるが験あるものなり。「母の尼して祈りをばすべし」と、昔より言ひ伝へたるも、この心なり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→