宇治拾遺物語(巻十五 九)194仁戒上人往生の事

 これも今は昔、南京に仁戒上人といふ人ありけり。山階寺の僧なり。才学、寺中に並ぶ輩なし。しかるに、にはかに道心をおこして、寺を出でんとしけるに、その時の別当興正僧都、いみじう惜しみて、制しとどめて、出だし給はず。しわびて、西の里なる人の女を、妻にして通ひければ、人々やうやうささやき立ちけり。人にあまねく知らせんとて、家の門に、この女の頸にいだきつきて、後ろに立ちそひたり。行き通る人見て、あさましがり、心憂がる事限りなし。いたづら者になりぬと人に知らせんためなり。さりながら、この妻と相具しながら、さらに近づく事なし。堂に入りて、夜もすがら眠らずして、涙を落して行きたり。この事を別当僧都聞きて、いよいよたうとみて喚び寄せければ、しわびて逃げて、葛下郡の郡司が聟になりにけり。念珠などをもわざと持たずして、ただ、心中の道心は、いよいよ堅固に行ひけり。
 爰に添下郡の郡司、この上人に目をとどめて、深くたうとみ思ひければ、跡も定めずありきける尻に立ちて、衣食、沐浴等をいとなみけり。上人思ふやう、「いかに思ひて、この郡司夫妻はねんごろに我を訪ふらん」とて、その心を尋ねければ、郡司答ふるやう、「何事か侍らん。ただ貴く思ひ侍れば、かやうに、つかまつるなり。ただし、一事申さんと思ふ事あり」と言ふ。「何事ぞ」と問へば、「御臨終の時、いかにしてかあひ申すべき」と言ひければ、上人、心にまかせたる事のやうに、「いとやすき事にありなん」と答ふれば、郡司、手をすりて悦びけり。
 さて、年ごろ過ぎて、ある冬、雪降りける日、暮れがたに、上人、郡司が家に来ぬ。郡司、喜びて、例の事なれば、食物、下人どもにもいとなませず、夫婦手づからみづからして召させけり。湯など浴みて、伏しぬ。暁はまた、郡司夫妻とく起きて、食物、種々にいとなむに、上人の臥し給へる方、かうばしき事限りなし。匂ひ、一家に充ち満てり。「これは名香など焼き給ふなめり」と思ふ。「暁はとく出でん」と宣ひつれども、夜明くるまで起き給はず。郡司、「御粥いできたり。この由申せ」と御弟子にいへば、「腹悪しくおはす上人なり。悪しく申して打たれ申さん。今起き給ひなん」と言ひてゐたり。
 さるほどに、日も出でぬれば、「例はかやうに久しくは寝給はぬに、あやし」と思ひて、寄りておとなひけれど、音なし。引きあけて見ければ、西に向かひ、端座合掌して、はや死に給へり。あさましき事限りなし。郡司夫婦、御弟子共など、泣き悲しみ、かつはたうとみ拝みけり。「暁かうばしかりつるは、極楽の迎へなりけり」と思ひ合はす。「おはりにあひ申さんと申ししかば、ここに来給ひてけるにこそ」と、郡司泣く泣く葬送の事もとり沙汰しけるとなん。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→