宇治拾遺物語(巻十五 十)195秦始皇天竺より来たる僧禁獄の事

 今は昔、唐の秦始皇の代に、天竺より僧渡れり。帝あやしみ給ひて、「これはいかなる者ぞ。何事によりて来たれるぞ」。僧申していはく、「釈迦牟尼仏の御弟子なり。仏法を伝へんために、遙かに西天より来たり渡れるなり」と申しければ、帝腹立ち給ひて、「その姿きはめて怪し。頭の髪禿なり。衣の体人に違へり。仏の御弟子と名のる。仏とは何者ぞ。これは怪しき者なり。ただに返すべからず。人屋に籠めよ。今より後、かくのごとく怪しき事いはん者をば、殺さしむべきものなり」と言ひて、人屋に据ゑられぬ。「深く閉ぢ籠めて、重くいましめて置け」と宣旨を下されぬ。
 人屋の司の者、宣旨のままに、重く罪ある者置く所に籠めて置きて、戸にあまた錠さしつ。この僧、「悪王にあひて、かく悲しき目を見る。我が本師釈迦牟尼如来、滅後なりとも、あらたに見給ふらん。我を助け給へ」と念じ入りたるに、釈迦仏、丈六の御姿にて、紫磨黄金の光を放ちて、空より飛び来たり給ひて、この獄門を踏み破りて、この僧を取りて去り給ひぬ。その次に、多くの盗人どもみな逃げ去りぬ。獄の司、空に物の鳴りければ、出でて見るに、金の色したる僧の、光を放ちたるが、大きさ丈六なる、空より飛び来たりて、獄の門を踏み破りて、籠められたる天竺の僧を、取りて行く音なりければ、この由を申すに、帝、いみじくおぢ恐り給ひけりとなん。その時に渡らんとしける仏法、世下りての漢には渡りけるなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→