宇治拾遺物語(巻十五 十一)196後の千金の事

 今は昔、唐に荘子といふ人ありけり。家いみじう貧しくて、今日の食物絶えぬ。隣に監河侯といふ人ありけり。それがもとへ、今日食ふべき料の粟を乞ふ。
 河侯がいはく、「今五日ありておはせよ。千両の金を得んとす。それを奉らん。いかでかやんごとなき人に、今日参るばかりの粟をば奉らん。返す返すおのが恥なるべし」と言へば、荘子のいはく、「昨日道をまかりしに、あとに呼ばふ声あり。かへりみれば人なし。ただ車の輪の跡のくぼみたる所にたまりたる少水に、鮒一つふためく。何ぞの鮒にかあらんと思ひて、寄りて見れば、少しばかりの水に、いみじう大きなる鮒あり。『何ぞの鮒ぞ』と問へば、鮒のいはく、『我は河伯神の使に、江湖へ行くなり。それが飛びそこなひて、この溝に落ち入りたるなり。喉乾き死なんとす。我を助けよと思ひて、呼びつるなり』と言ふ。答へていはく、『吾、今二三日ありて、江湖といふ所に遊びしに行かんとす。そこにもて行きて放さん』と言ふに、魚のいはく、『さらにそれまで、え待つまじ。ただ今日一提ばかりの水をもて、喉をうるへよ』と言ひしかば、さてなん助けし。鮒の言ひし事、我が身に知りぬ。さらに今日の命、物食はずは生くべからず。後の千の金、さらに益なし」とぞ言ひける。それより、後の千金といふ事、名誉せり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→