宇治拾遺物語(巻十五 十二)197盗跖と孔子と問答の事

 これも今は昔、唐土に、柳下恵といふ人ありき。世の賢き者にして、人に重くせらる。その弟に、盗跖と言ふものあり。一つの山ふところに住みて、もろもろの悪しき者を招き集めて、おのが伴侶として、人の物をば我が物とす。ありくときは、この悪しき者どもを具する事、二三千人なり。道に逢ふ人を滅ぼし、恥を見せ、よからぬ事の限りを好みて過ぐすに、柳下恵、道を行く時に、孔子にあひぬ。「いづくへおはするぞ。自ら対面して聞こえんと思ふことのあるに、かしこく逢ひ給へり」と言ふ。柳下恵、「いかなる事ぞ」と問ふ。「教訓し聞こえんと思ふ事は、そこの舎弟、もろもろの悪しき事の限りを好みて、多くの人を嘆かする、など制し給はぬぞ」。柳下恵、答へて言はく、「おのれが申さむ事を、あへて用ふべきにあらず。されば嘆きながら年月を経るなり」と言ふ。孔子のいはく、「そこ教へ給はずは、我行きて教へん。いかがあるべき」。柳下恵言ふ、「さらにおはすべからず。いみじき言葉を尽くして教へ給ふとも、なびくべき者にあらず。返りて悪しき事出で来なん。あるべき事にあらず」。孔子いはく、「悪しけれど、人の身を得たる者は、おのづからよき事を言ふにつく事もあるなり。それに、『悪しかりなん、よも聞かじ』と言ふことは、僻事なり。よし、見給へ。教へて見せ申さん」と、言葉を放ちて、盗跖がもとへおはしぬ。
 馬より下り、門に立ちて見れば、ありとある者、獣、鳥を殺し、もろもろの悪しき事をつどへたり。人を招きて、「魯の孔子と言ふものなん参りたる」と言ひ入るるに、すなはち使帰りていはく、「音に聞く人なり。何事によりて来れるぞ。人を教ふる人と聞く。我を教へに来れるか。我が心にかなはば、用ひん。かなはずは、肝膾に作らん」と言ふ。その時に、孔子進み出でて、庭に立ちて、先づ盗跖を拝みて、上りて座に着く。盗跖を見れば、頭の髪は上ざまにして、乱れるたること蓬のごとし。目大きにして、見くるべかす。鼻をふきいからかし、牙をかみ、髭をそらしてゐたり。
 盗跖が言はく、「汝来たれる故はいかにぞ。たしかに申せ」と、怒れる声の、高く恐ろしげなるをもちて言ふ。孔子思ひ給ふ、かねても聞きし事なれど、かくばかり恐ろしき者とは思はざりき。かたち、有様、声まで、人とはおぼえず。肝心も砕けて、震はるれど、思ひ念じていはく、「人の世にある様は、道理をもちて身の飾りとし、心の掟とするものなり。天をいただき、地を踏みて、四方を固めとし、おほやけを敬ひ奉る。下を哀れみ、人に情をいたすを事とするものなり。しかるに、承れば、心のほしきままに、悪しき事をのみ事とするは、当時は心にかなふやうなれども、終り悪しきものなり。さればなほ、人はよきに随ふをよしとす。然れば申すに随ひていますかるべきなり。その事申さんと思ひて、参りつるなり」と言ふ時に、盗跖、雷のやうなる声をして、笑ひていはく、「汝が言ふ事ども、一つも当たらず。その故は、昔、堯、舜と申す二人の帝、世に貴まれ給ひき。しかれども、その子孫、世に針さすばかりの所をしらず。また、世に賢き人は、伯夷、叔齊なり。首陽山に伏せりて飢ゑ死にき。また、そこの弟子に、顔回といふ者ありき。賢く教へたてたりしかども、不幸にして命短し。また、同じき弟子にて、子路といふ者ありき。衛の門にして殺されき。しかあれば、賢き輩は、つひに賢き事もなし。我また、悪しき事を好めど、災身に来たらず。ほめらるるもの、四五日に過ぎず、そしらるるもの、また四五日に過ぎず。悪しき事もよき事も、長くほめられ、長くそしられず。しかれば、我が好みに随ひて振る舞ふべきなり。汝また木を折りて冠にし、皮をもちて衣とし、世を恐り、おほやけにおぢ奉るも、二たび魯に移され、跡を衛に削らる。など賢からぬ。汝がいふ所、まことに愚かなり。すみやかに、走り帰りね。一つも用ふるべからず」と言ふ時に、孔子、また言ふべきことおぼえずして、座を立ちて、急ぎ出でて、馬に乗り給ふに、よく臆しけるにや、轡を二度取りはづし、鐙をしきりに踏みはづす。これを、世の人「孔子倒れす」と言ふなり。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→