和歌

・・・かるた取り名人目指すなら、こちら→

小倉百人一首
 ・・・貴族の世の平安時代は去り、武家の天下の鎌倉時代が始まって間もない1235年頃、藤原北家道兼流)の宇都宮頼綱蓮生)が京都嵯峨野に営んだ小倉山荘の色紙に、古今を通じての歌学界最大の大御所、藤原定家(ふぢはらのさだいへorていか)が選んだ、時代も性別も歌題も様々に異なる百人の歌人による百首の短歌を、装飾用に書き添えた「平安調短歌名作選」。
 近世以降は「お正月のカルタ取り」という(多分に攻撃的な)お遊びのネタになってしまった感のあるこの百首の珠玉の古歌名品集に、再び文芸の光を当てるべく、短歌+英訳+現代語訳+品詞分解・修辞法+詳密な解題を加え、学習・研究・趣味のいずれの用途にも幅広くこたえる知識と満足の宝庫として、ここに提供。
★複製・著作権について★
 ●「百人一首」とその品詞分解・修辞法の区分までは、複製自由です。
 ●「現代語訳」・「訳詩」・「解説」・「解題」等は当サイト独創の著作物につき、不許複製。

★自分の「ツィッター」アカウント上で、この日本の古典詩文のページを紹介してみる→