宇治拾遺物語(巻二 九)027季通事に逢はむと欲する事

  昔、駿河前司橘季通といふ者ありき。それが若かりける時、さるべき所なりける女房を忍びて行き通ひけるほどに、そこにありける侍ども、「なま六位の、家人にてあらぬが、宵暁にこの殿へ出入る事わびし。これ、立て籠めてぜん」といふ事を集まりて言ひ合せけり。かかる事をも知らで、例の事なれば、小舎人童一人してに入りぬ。童をば、「暁へによ」とて返しやりつ。この打たんとするをのこども、うかがひまもりければ、「例のぬし来て、局に入りぬるは」と告げまはして、かなたこなたの門どもをしまはして、かぎ取り置きて、侍ども引杖して、築地の崩れなどのある所に立ちふたがりてまもりけるを、その局の女の童気色取りて、の女房に、「かかる事のふは、いかなる事にか候ふらん」と告げければ、主の女房も聞き驚き、二人したりけるが、起きて、季通も装束してゐたり。女房、にのぼりてぬれば、「どもの心合せてするとは言ひながら、主の男も、知らずしておはする事」と聞き得て、すべきやうなくて、局に帰りて泣きゐたり。季通、「いみじきわざかな。恥を見てんず」と思へども、すべきやうなし。女の童を出して、「出てぬべき少しのやある」と見せけれども、「さやうの隙ある所には、四五人づつ、くくりをあげ、みて、太刀をはき、脇挟みつつ、みな立てりければ、出づべきやうもなし」と言ひけり。この駿河前司はいみじう力ぞ強かりける。「いかがせん。明けぬとも、この局にりゐてこそは、引出入り来ん者と取り合ひて死なめ、さりとも、夜明て後、われぞ人ぞと知りなん後には、ともかくもえせじ。従者ども呼びにやりてこそ出ても行かめ」と思ひたりけり。「暁にこの童の来て、心も得ず叩きなどして、我が小舎人童と心得られて、捕らえ縛られやせんずらん」と、それぞ不便に覚えければ、女の童を出して、「もしや来つる」とうかがひけるをも、侍ども、はしたなく言ひければ、泣きつつ帰りて、まりゐたり。かかるほどに、暁方になりぬらんと思ふほどに、この童、いかにしてか入りけん、入り来る音するを、侍、「そ、その童は」と、気色取りて問へば、「あしくいらへなんず」と思ひゐたるほどに、「御読経の僧の童子に侍り」と名のる。さ名のられて、「とく過ぎよ」と言ふ。「かしこくいらへつる者かな、寄り来て、例呼ぶ女の童の名や呼ばんずらん」と、またそれを思ひゐたるほどに、寄りも来で過ぎてぬ。「この童も心得てけり。うるせきやつぞかし。さ心得てば、さりともたばかる事あらんずらん」と、童の心を知りたれば頼もしく思ひたるほどに、大路に女声して、「引はぎありて人殺すや」とをめく。それを聞きて、この立てる侍ども、「あれめよや。けしうはあらじ」と言ひて、みな走りかかりて、門をもえあけあえず、崩れより走り出でつつ、「何方へ往ぬるぞ」、「こなた」、「かなた」とね騒ぐほどに、「この童のる事よ」と思ひければ、走り出て見るに、門をばさしたれば、門をば疑はず、崩れのもとに片方はとまりて、とかくいふほどに、門のもとに走り寄りてをねぢて引き抜きて、あくるままに走り退きて、築地走り過ぐるほどにぞ、この童は走りあひたる。具して三町ばかり走りのびて、例のやうにのどかに歩みて、「いかにしたりつる事ぞ」と言ひければ、「門どもの、例ならずされたるに合はせて、崩れに侍どもの立ちがりて、きびしげに尋ね問ひ候ひつれば、そこにては、『御読経の僧の童子』と名乗り侍りつれば、出侍りつるを、それよりまかり帰りて、とかくやせましと思ひ給へつれども、参りたりと知られらでは、しかりぬべくおぼえ侍りつれば、声を聞かれ奉りて、帰り出て、この隣なる女童のまりゐて侍るを、しやを取りてうち伏せて、ぎ侍りつれば、をめき候ひつる声につきて、人々出でまうで来つれば、今はさりとも出させ給ひぬらんと思ひて、こなたざまに参りあひつるなり」とぞ言ひける。童子なれども、かしこくうるせき者はかかる事をぞしける。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→