宇治拾遺物語(巻三 十八)050平貞文本院侍従の事

  今は昔、兵衛佐貞文をば平中と言ふ。色好みにて、宮仕人はさらなり、人の女など、忍びて見ぬはなかりけり。思ひかけてやるの人の、なびかぬはなかりけるに、本院寺従といふは村上御母后女房なり。世の色好みにてありけるに、文やるに、憎からず返事はしながら、ふ事はなかりけり。「しばしこそあらめ、にはさりとも」と思ひて、物のあはれなる夕暮の空、また月の明き夜など、に人の目とどめつべき程を計らひつつおとづれければ、女も見知りて、は交わしながら心をば許さず、つれなくて、はしたなからぬ程にいらへつつ、人ゐまじり、苦しかるまじき所にては物いひなどはしながら、めでたくのがれつつ心もとなくて、常よりもしげくおとづれて、「参らん」といひおこせたりけるに、例のはしたなからずいらへたれば、四月のつごもりごろに、雨おどろおどろしく降りてもの恐ろしげなるに、「かかるに行きたらばこそあはれとも思はめ」と思ひてぬ。道すがらたへがたき雨を、「これに行きたらんに、逢はで帰す事よも」と頼もしく思ひて、に行きたれば、人出来て、「になれば、案内申さん」とて、端の方に入れてぬ。見れば、物の後ろに火ほのかにともして、宿直物とおぼしき伏籠にかけて、薫物しめたるひ、なべてならず。いとど心にくくて、身にしみていみじと思ふに、人帰りて、「只今もおりさせふ」と言ふ。うれしさ限りなし。すなはちおりたり。「かかる雨には、いかに」などいへば、「これにさはらんは、むげに浅き事にこそ」など言ひ交はして、近く寄りて髪をさぐれば、氷をのしかけたらんやうに冷やかにて、あたりめでたき事限りなし。何やかやと、えもいはぬ事ども言ひ交はして、疑ひなく思ふに、「あはれ、遣戸をあけながら、忘れて来にけり。つとめて、『誰かあけながらはにけるぞ』など、はしき事になりなんず。立てて帰らん。程もあるまじ」と言へば、「さる事」と思ひて、かばかりうち解けにたれば、心やすくて、をとどめて参らせぬ。まことに遣戸たつる音して、こなたへ来らんと待つほどに、音もせで奥ざまへりぬ。それに心もとなくあさましく、現し心せ果てて、ひもりぬべけれど、すべきもなくて、やりつる悔しさを思へど、かひなければ、泣く泣く近くぬ。家に行きて思ひ明かして、すかし置きつる心憂さ書き続けてやりたれど、「何しにかすかさん。帰らんとせしに、召ししかば、後にも」など言ひて過しつ。「おほかた、ま近き事はあるまじきなめり。今はさは、この人のわろくましからん事を見て思ひまばや。かくのみ心づくしに思はでありなん」と思ひて、随身を呼びて、「その人のすましの皮籠持て行かん、奪ひ取りて我に見せよ」と言ひければ、日ごろ添ひてひて、からうじて逃げたるを追ひて奪ひ取りて、に取らせつ。平中びて、隠れに持て行きて見れば、なる薄物の、三重がさねなるに包みたり。ばしき事たぐひなし。引き解きてあくるに、香ばしさたとへんなし。見れば、丁子を濃くじて入れたり。また、たき物を多くまろがしつつ、あまた入れたり。さるままに、香ばしさるべし。見るにいとあさまし。「ゆゆしげにし置きたらば、それに見飽きて心もやむとこそ思ひつれ、こはいかなる事ぞ。かく心ある人やはある。ただ人とも覚えぬ有様かな」と、いとど死ぬばかり思へど、かひなし。「我が見んとしもやは思ふべきに」と、かかる心ばせを見て後は、いよいよほけほけしく思ひけれど、はでやみにけり。「我が身ながらも、かれに、世にがましく、く覚えし」と、平中、みそかに人に忍びて語りけるとぞ。
★自分の「ツィッター」アカウント上で、この『宇治拾遺物語』の章を紹介してみる→